FC2ブログ
こにゃにゃちわぁ~

大学時代は、旧ジャスコ(現イオン)でアルバイトをしており、職場的に9割以上が”お姉様”という環境でしたので、そこそこ義理チョコを頂いておりました。

ただ、困るのが他人に対する距離感や接し方が分からず(今でもですが)どのようにお返しをするべきか?など分からない事だらけで、とても苦労した事だけを覚えております。

今更なんですが、いま思い出して考えるなら、「もしかしたら、ウチに好意を持っていた?」って思えるような、そんあ奇特な人がいたみたいなです。
当時は、今以上に他人の心の機微なんて”察する”ことすら無く、ただただ自分本位で、自分の興味以外は”全くの無”であった。

後にも先にも、”バレンタインのお礼を催促”されたものも”その女性”でした。
今でいう「加藤 あい」に似た人でしたが、残念ながら当時も今もシュっとした感じのかたは苦手で、なんとか一度だけお礼をさせていただきました。
KATOH1.jpg

その一度きりで、それ以降はチョコを頂く事は無かったように記憶しています。
あまりに鈍感で、諦めたんでしょうかね?

当時、「吉川ひなの」さんに夢中で誰かを好きになるというのが初めてだったように思います。
吉川ひなの
その流れで、F女史という背が高くてがんばり屋さんの人が大好きでしたが、祖父母に「結婚式を見せてあげたい」とかで、好きかどうか分からないお見合い相手と結婚したようです。

好きでも無い人と結婚できてしまうという行動心理がものすごくショックで、益々人嫌いが加速してその後10年以上、誰も好きになるような事はありませんでした。

二人目は過去記事に少しだけ登場した、
m.jpg
E女史(第二世代型、ネットアイドル)

チャットでの会話が主流で、実際に逢ったのは3回ほどでしたが
背が小さく負けず嫌いで、チャレンジャー
「モーニング娘。」のオーディションにもチャレンジして2次審査で落選。
デモ用に録音したカラオケをウチがCD化ジャケ+パッケージ製作し、ファンクラブ向けに販売したこともありました。
sample_cd.jpg
ぱっと見は販売店で売ってそうな見た目にしましたので、それなりにクオリティーはありました。

チョコット、もめてそれっきり何ですけどね。。。
まあ、今更こんなオッパイのあるオッサンになって現れても、困惑するでしょうけどネ(^_^;

***************************************************
毎年、バレンタインのチョコは友人の奥さまT女史より頂くのが唯一となっております。
毎年趣向を凝らして、こちらの嗜好に合うようなモノをチョイスして頂き、大変感謝しております。

今年は、
チョコ01
チョコ02
と、なかなかにパンチが効いてます。

****************************************

そんな恋愛とかと対極にいます。
そんなウチ。。。。。

1年ほど前に放映された、『昭和元禄 落語心中』の第1期を見たのですが、、、、
コレ、泣けました
昭和元禄 落語心中

号泣というのでは無く、涙が止めどなくあふれて、とうとうと泣くと言ったらいいのか?
床というか、膝にポタポタと涙がこぼれ落ちると、、、

ドラマで良くあるシーンのような感じで。。。

落語とか、主人公2人の関係性とかがクローズアップされるであろう、本作でウチはあろうことか「みよ吉」さんに感情移入してしまっていた様です。
みよ吉

「みよ吉」の救われぬ感情と知らず知らずシンクロしてしまい、終盤は落語のコトなんか全く頭に入ってこず、「みよ吉」が不憫でただただ涙しながら、終盤を見たのでございました。

誰かに救いを求めている、そんな心理を「みよ吉」に投影してしまったのでは無いかと推測しておりますが、どうなんでしょうね?

この様な状況でさえも、常に自分自身を俯瞰で見て、心理分析をしてみたり
まったく、熱くなれないモノです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

(儚くとも)思い出は有るのが『勝ち♪』

そこはかとなく、単なる回顧譚に終わりません、退色がはじまった 昔のフォトグラフを眺めているような気がしましたネ。

わたくしはですネ、常々 思っているのでありますが・・・
『いいだろ!オタクだ おっかけだ云われよ~が 思われよ~が…【少なくともオレは 行動起こしたんだ ホンの少しの勇気を抱いて】その事実は不動だ!』ってネ♪
行動も起こさず 蔭から覗き魔の如く 粘着してつきまってルよな輩とは違うじゃん?

少なくとも 菊川さんに、あくまで善意で 親切を受けた「そのコ」は幸福です。当人の意識が たとえそぐわなくてもネ。
きっと そのコもこの先の 長い人生の折々で「理解するでしょう」。『ああ…あの時、ワタシに応援してくれて 尽くしてくれたヒトが居たわよねぇ・・・』って。
そして その《かれの》善意に なんら応える自分でなかった事も同時に想い、ほろ苦さと同時に、若干の 悔いを憶えるのだろうと。

ナマイキなんですが(^^;「人生なんてのは このよな片道切符の空回りの連続」それじゃん??

菊川さんは けっしてそんなヒトではないだろことは承知してますけど、
ね?? かつての記憶の中で 華やかで綺麗な場面を彩った その「ヒロイン」を 赦してあげましょうヨ?(^^)
カノジョだって、若く、そして美しいけど コレってチカラも無い《一介の小娘》だったんだものネ。
ファンの男性たちの善意のココロに それと見合うだけの お返しなどはムロだったのですよ ええ。

わたくしなんぞも こ~観えて(??)成就した 恋愛や 憧れよりも ズ~~っと・・・
あえなく フラれ 恥かいて・・ボロカスに つぎはぎだらけの傷ついたココロを抱える青春でしたヨ マジでネ。
でも、後悔してない。見事敗戦してみもだ 『少なくとも 行動は起こしたんだ』菊川さん コレって1つの「勲章」でもあるのですよん はい♪

青春は すれ違いの連続ですのよ

バンド参加していた時代、リク様に ついぞ「想いが届かなかった」ワタシであるゆえに、
反対側の立場として 「わかるなあ・・・」です。v-10

当時のリク様って、とにかく!マメで 分け隔てなく女性やファンにも親切でネ、
それはそれはモテて当然だったのですが、どこか……立ち入る事の出来ない「影」みたいな部分があって。。。
おそらくは(女性化もあったから…)誰も踏み込めない 孤独抱えてて、それを知られないために無理して豪放磊落気取るような人で。

バンド内部での「職場恋愛」(笑)は一応 御法度だってことで(^^;
それに 当時からリク様には 超美人の相方さん(今は 元カノ軍団)もいらっしゃいましたし、
ワタシの秘めた想いは ついぞ花開くことも無くて。。。

でもねぇ…『それだからよかった』とも思うのですね。
そうでなければ、お互い 家庭を持ってます上で、こうまで日常で 怒鳴り合いを繰り広げながら(笑)交流なんか出来なかっただろうって♪

ねぇ菊川さま、この先で いつか、お出かけになった先とかでバッタリ、その彼女を見つけたなら、
あまり色々考え過ぎず、ほんの少し勇気出して お声をかけてごらんなさいって♪
その彼女の人生の中の たとえ脇役でも ぶっちゃけよくなくない?(笑)
昔のファン 御贔屓さんに声かけられて 迷惑だなんて思う人間はそうはいない筈。

 逢いたいと思う人には いつか必ず出会えるものだって、ワタシ思いますよのよ♪ v-42

Re: 港のリク さまへ

いつもコメントしていただきありがとうございます。♬

ものすごく、ありがたいお言葉の数々、いたみいります。

結構、泥臭くのたうち回っておりました。
ええ、当時は・・・

もう17年も経過してたんですね。そりゃ記憶が美化されるってもんです。

まあぁ、もめたって事では無くて、完全にウチの失言でチョコット距離が開いた・・・・
当初の活動内容とかけ離れていく様が、なんだか違うなぁ~と思ってしまたのも、理由の一つでしょうね。

東京行くだ、とか、音楽するだ、など、、、本職のイラストレーターで一旗揚げる方向性が色々と迷走し始めた

そんなのもあり、いつしか疎遠になってしまいました、、、とさ。

今のところ、人生で最大限の「勇気」を持ってあれこれと行動してましたね。
だいたい、10年周期ですかね?
滅多に他人に興味を抱いたり、スキになったりはしませんけど、、、

今、激アツは『タミヤさん』だなぁ~(ぼそ)

>見事敗戦してみもだ 『少なくとも 行動は起こしたんだ』菊川さん コレって1つの「勲章」でもあるのですよん はい♪

おそらく、この世を離れるときに「イイ思い出だったなぁ~」と思える事のひとつではありマス。
うんうん♬

Re: JJ さまへ


コメントしていただきありがとうございます。♬

まさか、ウチの青春白書に熱いコメントを頂く事になろうとは思っていませんで、
うれしはずかし状態です(笑

> バンド参加していた時代、リク様に ついぞ「想いが届かなかった」ワタシであるゆえに、
> 反対側の立場として 「わかるなあ・・・」です。v-10
そうでしたか、、、
秘めた恋心って、なんだか 切ないわぁ~~。
でも、。未だにご縁が切れていない所は、JJさんにとって素敵な出会いだったのでは無いかと、
勝手に脳内美化させてもらいました(笑

> ねぇ菊川さま、この先で いつか、お出かけになった先とかでバッタリ、その彼女を見つけたなら、
> あまり色々考え過ぎず、ほんの少し勇気出して お声をかけてごらんなさいって♪
うんうん、今なら「ごきげんよう♬」なんて気軽にお声がけ出来そうです。

>  逢いたいと思う人には いつか必ず出会えるものだって、ワタシ思いますよのよ♪ v-42
東京に出て行ってるはずですので、そうそうはバッタリとは逢わない気がします。
ですが、今、思い出したのですが、
数年前にウチの猫を動物病院へ連れて行ったときに『檄似な人』がいたんです。
診察を終えて、待合室に出ると、ウチの母親と話してる(!)
(母親は、外で待ってた)
入れ違いに診察室に入っていったのですが、、、
もう、頭の中「えぇ~~~~!」とか「何でココに?」とかがリフレインしてました。
ヒザから崩れ落ちそうになるのを必死にこらえましたが、軽くパニくりました。

なんたって、ウチの地元にはいるはずも無く(東京在住のはず)、しかし、ゲキ似。。。
他人のそら似だ、ドッペルゲンガーだと言い聞かせて、その場を後にしました。

今も、時々動物病院にお世話になっているので、どうしたもんかと思う、今日この頃です(笑

神様のイタズラだって、思ってます(*^。^*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |