FC2ブログ
こにゃにゃちわぁ~

今年に入って、車のサイドブレーキの警告ランプが消えなくなって
断線を疑って車屋に見てもらったのですが、断線部分が分からず、途中からバイパスする運びになっていました。

ブレーキフルードのリザーバータンクに液面センサーがあり、少なくなってもサイドブレーキの警告ランプが点灯するらしいのですが、今回は、液は減少していません

で、修理予約をして翌日には雨でした

ワイパーが自動なので、いつもは何も考えなくても勝手に動作するのですが、これが全く動かない・・・

もしかしてスイッチが接触不良かと思って、色々なポジションに切り替えるも
全く反応しません・・・?

さいわい、フロントガラスには水をはじくように撥水コーティングしてありますので、いつもよりスピードを上げて雨水を流すのですが、

交通の都合でそうもしていられません

で、流れ残った雨粒が、ぶつぶつと丸い塊となってガラスにへばりついている

そんなスキマを、目をこらしながら周囲の交通状況を把握して運転し、会社まで行きます(笑

その日の帰りに車屋に修理持ち込みしましたが、そのときも雨で、非常に怖かったです!

帰りの代車のワイパーがありがたかった~!

翌日、車屋から電話があったが、故障の原因がわかったと言うのです

なんとネズミが配線をかじって断線していたそうで、ワイパー基部のカバーを外すと・・・・

ネズミが飛び出してきたそうな!!

同時期に同じような被害で修理持ち込みの車があったそうで、その際に使った配線の残りがあったので、それを流用して安く修理できました

う~~む、農業用倉庫を車庫代わりに使ってるので、ネズミが集まってくる危険性がありますネ

目張りとか、配線保護して対策しないといけないな~
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |