FC2ブログ
こにゃにゃちわぁ~

ここのところ、会社で、トラブル続きで「てんやわんやの大騒ぎ」
わたしゃ、直接モノ作りに関わっていないので、情報を渡してお願いするだけなんですが、
色々と重なると現場的にもそんな事、言ってられない!

で、仕方なくコッチが動かざるを得ない状況
納期管理や客との連絡、外注協力会社とのやりとり、荷物の発送、内部での細かいやりとりの調整とか・・・

今は、緊急事態だからお客さん側も大目に見てくれてますが、事が沈静化すると「対策書」と言うなの報告書の提出が控えております

昔みたいに数行書いて、「ゴメンね」ってな感じでOKだったのは遙か昔
今は、事細かく原因追及から始まり、作業手順や標準類の中身の不備、作業指示なないようや記録類の確認、と

あらゆる作業内容に検証や事実確認をし、”真の原因”を突き止めていきます

「こいつがミスしよりましたんですわ!ガハハ!!」なんて言ってもダメなんですなぁ~

そんな昭和な対応は、何の役にも立ちません!

個人的なミスが発端であったとしても、ナゼそのようになったのか?を5段階ぐらい深く掘り下げ、解明していかねばなりません

1.○○」が起こった→2.ナゼ1になったか?→ナゼ2になったか?→・・・です

で、この解析も具体的に証拠が無くてはいけません
書類が無ければ、その動作を再現し、動画で記録したり、そのときの指示内容、標準書・指導票の具体的な記述・作業したときの記録

はたまた、記録には残っていないが、作業者がそのときに感じた違和感や、普段とは違う行動内容など、、、

それらの証拠物と現場写真などを取りまとめて、客先様式に記述→提出

○○が足りないと言われ→再提出

この内容、おかしくねェ?と言われて→再検証&再提出

を延々と繰り返す。。。。orz

また、今後同じ事を繰り返さないために、何を改善し、どのようにするか?
その結果どのようになったか?

も、報告しなければなりません

しかも、工業製品・部品なんで、

ばらつき具合としての「工程能力指数Cpk」を算出するためのデータ取り、
Cpk=1.33以上なければ、全数検査です

作業者間の測定のバラツキぐあいの確認にGage&R(ゲージ、アンド、アール)

FMEA(エフエムイーエー)=故障モードの事前検証

製品の全箇所の再測定=初回品検査の実施

等々・・・多岐にわたり検証作業などがあり、それらの提出がなければ

ヒーヒー言わされます!(笑

まあ、不良を出さないための仕組みなんですが、米国 自動車業界推進の「TS-16149」とかFMEA、PPAP(ピーパップ)とか

すげ~~~めんどくせぇ~

*-*-*-*****-****-***-*-*-*-*
と、ここまで、グチね(笑
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-***-*

行こう、行こうと思っていて、なかなか行ってなかった

乳がん検診

に行ってきました

近所に病院はあるけど、どこも平日の午前中受付とかってところが多く
なかなかお願いできるところがありませんでした

会社の奥様連中に聞いてみると、○○病院が土曜日でも営業していると聞いて
早速予約して、本日決行!

初めての病院なので、要領が分からず手間取りましたが
病院側は手慣れてますので、流れ作業という感じでスイスイと進んでいきました

行ったときは、やはりと言うか、男性はσ(^_^;独りです!(笑

で、なにやらアンケート形式の事前調査票に記入

気を使って、端っこの方へ座っておりました

てっきり、最後に回されるのかと思っていたら、超音波画像診断装置での検査室は個室であったためか
混在で順次案内され、それぞれの個室に案内されました

技師さんが案内してくれ、タオルを渡され、「上半身を全部脱いで」ってことでカーテンの向こうへ消えていきます

Tシャツとブラを脱いで、ベットに横になって一応、胸の上にタオルを掛けます
ブラ姿を見られなくて、ちょっとホットしました(笑
上向きに寝ててオッパイが横に流れているはずですが、タオルに膨らみがハッキリと分かるぐらい突き出てます(!)、

で、先ほどの技師さんに声をかけると、カーテンを開けて入ってきます

軽く経緯を聞きながら、胸にかけてあったタオルをハラリとおなか側へずらします

「両腕を上に上げてくださいネ」
「電気消しますね」
「ジェル塗りますね」

右胸にボトル入りのジェルをおもむろに円を描くように垂らし、ヘッドで一様に伸ばして
縦、横へとヘッドをスベらせていきます

ゆっくりと、じっくり見るのかと思っていましたが、随時記録されるのか?
思いの他スイスイと肌をスベらせますね

一方向が終わったところで、一旦、中央のB地区でジェルをグリグリと集めるような?
ヘッドに付いた余計なジェルを肌に戻しているのか?
その後に次の始点に移動して先ほどの動作を繰り返します

コレをもう片方のオッパイで繰り返しです

検査自体はコレでおしまいでした

ハンドタオルを渡されて、胸に広がったジェルを拭き取ってそのまま仰向けで待ってると、
お医者さんが入ってきて、もう一度経過を聞いてきます

ついでに(?)
オッパイ、揉まれまくりです(*^^*)ポッ

一番重要な結果は、「ガンはなし」で!

「1年後にまた来てください」とのこと

保険診療、3割の\1,900円ですんで良かった
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

どこも大変ですね~(^_^;)

私の会社もミスすると、報告書書いて、5人程のエライさんのサインを貰わないといけません(^▽^;)
でも、同じミスを何回もされると、対策案が尽きてしまい大変です。
最初はソフト的な対策でもOK貰えるんやけど、何回も同じミスするとハード的な対策を取れ!とか言われ、上司の人は大変頭を痛めます(^▽^;)

乳癌検診行って来ましたか~(^^ゞ
乳癌は自分で触っても判るから、毎日マッサージしてれば異変には気付くと思いますよ?
胸の中に豆の様な固い塊があったら要注意です(-_-;)
まぁ、胸が大きい人だと、奥まで触り難いからマンモとか必要でしょ~けど、私なんてちょっと指で押したら直ぐ肋骨ですから(≧∇≦)/
でも、乳癌無くて良かったですね~(^ー^* )
私は乳癌よりも胃潰瘍や十二指腸潰瘍をしてるから、消化器系の癌の方が心配ですよ~(;^ω^)

健康第一で頑張りましょう!

Re: ユキ さまへ

コメントありがとうございます。

ミスや思い違いは”ヒト”が起こすのを前提に設計や装置の工夫、手順の統一、機械的に間違わないようにポカヨケをしておくのが工程設計者なんですが、時間が無かったり、予算が無かったりするとどうしてもヒトの習熟度にたよるところがありますよね。

ベテランがやってても間違うこともあるのに、その人が辞めたり、外人にやらせたりとイレギュラーな事が現場では平気で起こります!

前と違う事をしている意識が現場に無いと、ミスは無くならないのですが・・・

こんな事ばかり繰り返してるので、儲からないんじゃないの?って思います

まあ、それをイイ感じにカイゼンするのがわたしの仕事なんですけどネ!

> 乳癌は自分で触っても判るから、毎日マッサージしてれば異変には気付くと思いますよ?
> 胸の中に豆の様な固い塊があったら要注意です(-_-;)
乳腺の石灰化だとそのような症状もあるのですが、それ以外のタイプはやはり超音波や
x線透視でしか判断できない場合があるので、見てもらった方がイイですね。
しかも触って分かるぐらいだと、それなりに進行してますので、はやり最新の分解能のある機械で判定するのが良いですよ

それと、女性は大小に関わりなく発症する確率が高いので、定期的に検診を受けてね!

超音波は痛みも無く、20~30分で終わるのでオススメです

アレは一種の「さらしもの」だよネ(^^;

乳がん検診は おつかれsまでございました。

ナニを隠そう わたくしめも「やらされております」(--; 今のところ3年に1度かな?

検診してくれます病院、そこの看護師(女性)が5名いらっさるのでございますルが、
五名中 四名は「いいひと♪」言葉つきも丁寧 気配りも利いてますが。

ただ独り・・・いっちゃん若手のナース コイツが『どヤンキー丸出し』なんスよ 茶髪で言葉つきもお下品で(--;

だけんども・・ナンでか??コイツ 辞めない(笑)他のナースは行くたびに入れ替わってるのに、古株で居座ってますのだお。

ほんで 検査に行くたんびに「でっけ~!」とか「マジでホモとかじゃないの?アンタ」って ぶっちゃけ無礼きわまるお女中。

ほいだもんで、こないだの検診のトキ

ナース『はいコッチ来て~ あいっかわらずデッカいねえ♪はいココに胸のっけて」
リク「・・・・・」
ナース『・・・なんか今日 無口だネ。ひょっとして なんか怒ってる??』

リク「・・・愉快とはいえない」

ナース『え?なになに?ナニに怒ってんのぉ??』 ってから・・
リク「ぶっちゃけ テメエにぢゃ・・」って、仕事モードの【眼】でニラみつけたら コイツ ブルっちゃい始めて(^^;

その後の 病院内の「本日の反省会」で けっこーな問題となったと。。。モチロン このわたいは『赤丸つき 問題患者』になったのは言うまでもなし(笑)

Re: 港のリク さまへ

いつもコメントして頂きありがとうございます。

> ナニを隠そう わたくしめも「やらされております」(--; 今のところ3年に1度かな?
リクさんは女性ホルモン過多なので、行っとかないとヤバイよネ
乳がんそれ自体で死ぬ事は少ないけど、転移による臓器の機能不全での死亡につながりやすいので、注意が必要なんですよね

> ただ独り・・・いっちゃん若手のナース コイツが『どヤンキー丸出し』なんスよ 茶髪で言葉つきもお下品で(--;

物腰の柔らかい人には2種類いて、「演者」と「本物」
変に優しすぎる人って「詐欺師」的な違和感を感じます

で、ぶっきらぼーにズケズケ言ってくる”例の彼女”のほうが、どちらかと言えば好感が持てるんです
ウソやおべんちゃらでは無く、おそらく本心が口から出てしまう人種かと・・・(笑

まあ、そんなやりとりも無く、流れ作業的に処理されると、それはそれで物足りないもんですわ。

色んな医者にかかって、不信を募らせてきたので、特にそのように感じてしまうのでしょうけど、

医者と言えど「医療サービス」を提供している「サービス業」だと思っていないところが、アレです。

外科手術で切った、貼ったや薬を処方しても、最後は患者本人の治癒力に頼っているっていう現実。

この件以外にも色々とあったのでしょうね!
文書量の多さで分かります(*^_^*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |