FC2ブログ
こにゃにゃちわぁ~

この間、地区の行事ですぐ裏手にある山の道を整備するっていうので参加してきました。
この山道がくせ者で、”道”とは言うけど年に1回しか草を刈らない所で。
それはそれは壮大な原野と言うか、もやは密林じゃね?って感じの所を地区のみんなと草刈り機をブン回しながら、突き進むというサバイバルな様相を呈した草刈りです。

木が生い茂る所は、それほどでも無いのですが、少しでも日が差し込むような所は、細い竹のようなモノがメちゃんこ生えておりましす。
みんなで、ブイブイ爆音を言わせながら、草刈り機もMAXで振り回します。

ウチも微力ながら、お手伝いしておりますとネ、胸の所へ「ドスン」ってな感じで何かが飛んできたようなんです。
「すげ~痛ぇ!」って
矢吹ジョウに「えぐりこむ様に、打つべし!」ってパンチ食らったぐらいの衝撃!!

膝から崩れそうになるも、おやっさんが「立てぇ~、立つんだ!!」みたいな声が脳内再生されるので、「ここは皆さんにお任せします」的な感じで、前線から撤退。

家に帰って見てみたら。。。
青あざ00
青あざ01
↑コレ
鏡に映る姿を見て、
「あら、乳輪がデカくなってる!」
「オッパイ、なんだかしぼんじゃってない?」
「あばら骨、ってやっぱ必要なんだネ」
「青あざが出来てるって事は、生きてるって事だね!」
などと、のんきに構えるも、やはり痛いモノはイタイ。

草刈り機による事故は、農作業の中でも得に多いので、皆さんもお気を付け下さい。

と、まぁ~そんなこんながありましたが、
↑の写真をご覧頂けると分かるように、オッサン体型でオッパイが多少膨れても全体的なバランスから言えば、そんなに出っ張っていないように見えます。

それでも、自分の手のひらを広げないと全体を覆い隠せないぐらいのボリュームがあるわけで。
機能的な部分ではどうか分かりませんが、乳腺の発達も確認でき、触り心地も女性の”それ”と大差ないわけで。

ある種の憧れ的な”オッパイ”がすぐ目の前というか、自分自身の体に発現した今となっては、徐々に興味の対象から外れていってるように思えるんですよね。
ソレは、何かを買う前にカタログとかで必死になって比較検討しているときのわくわく感から、いざ手元に来たときの”日常感”と言うか、興味の度合いの低下がハンパなく落ちる”あの”感覚に似ているように思われるわけです。

しかも、日常的にブラを付けるようになると、ブラさえも”エロい”アイテムから、日用品としての位置づけに変わってしまうという。

こうなってきますと、ネットにあるエロアイテムとしての画像や動画を見ても、昔ほどの感動が徐々に薄れてきているんですよね。
最近では、女優さんが最初に着けてます”安いブラ”を見ると、スタッフももうチョットキレイなヤツを用意できなかったの?とか、せっかくのキレイめなブラなのにすぐに脱がすんじゃないよ!なんていう風に思ってしまうのです。

ええ、内容じゃ無く身につけてる下着類やメイク、ヘアスタイルに注視する様になって
そんなところばかりに注目する様になってしまいました。

ですから、オッパイがポロリしても
0.1mmも、ピクリとも反応してない感じ(何が?って具体的には言わない!)
”エロい”ってものが、”空気”的な”何か”に変換されてしまったんじゃないの?って、思えます。

基本、みんな同じモノを持ってるし、大きいか小さいかというバリエーションの違いだけで、誰にも付いてないモノがあるって言うのじゃなければ、それほど特別感としての感想も無くなってきたんですよね。

警察屋さんが必死こいて取り締まっているコトも、空気や石ころの様にそこいらじゅうにありふれてくると、特別な事ではなくなってしまうんじゃないのかな?
別におおぴらに町じゅうで、エロい事を堂々としても良い、なんてことは言いませんが
厳重管理ではなく、ゆるい感じでどうでしょうか?って素朴に感じたモノですから~。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

こにゃにゃちわぁ~


2017年3月19日~20日の岡山シティエフエム FM790『RadioMOMO(レディオモモ)』
はレディオモモ開局20周年特番にて #なんない 組(Wミヤタ)がお邪魔します!お二人の登場はAM11:25頃から約20分くらい?の予定となっております! 表町商店街の服部管楽器さんで公開収録です☺︎ 是非遊びにきてね&聴いてね!

以上、お知らせでした。


3/20(月)祝日という世間ではお休み。
でもウチの会社はそんな事無視です。普通に仕事。。。。゚(゚´Д`゚)゚。

まあ、結果オーライ!
どうせ、行ったところで、「市原悦子の家政婦は見た!」並みに柱の陰からそっと見守る。。。何もせず、そっと帰ってくるのが関の山。。。。(←ストーカーかよ!)


何をお話しするのかは、わかりませんが
いつものたのしい掛け合いがくり広がる事を、願ってます。
こにゃにゃちわぁ~

今日も、家の外に出るのが恐怖で”引きこもり”
自宅警備員なのに、webの世界にお出かけです。

さてさて、本日のテーマは『マンガ

まんが、マンガ、漫画
と、日本語では、表記が何種類かありますが、個人的にはそれぞれがもつニュアンスが違うように感じております。
ひらがな表記の「まんが」は、全体を網羅するように感じており、カタカナの「マンガ」は雑誌やコミック本などのイメージ、漢字の「漫画」は昭和的であったり、劇画調なイメージを持っております。

ウチとこもそれなりに貧乏でしたので、幼少の頃にはマンガに関する様な本は買ってもらえず、時々来る親戚のオバサンがお土産に「たしい幼稚園」とか「小学○○生」とかを買ってきてくれる。
だから、それほどマンガに接する機会は少なかったように思います。

結局、手持ちの本が少なっかったせいもあるのですが、それらの本に出てくるキャラクターを見よう見まねで模写したり、オリジナルのマンガを描いていたことを、コレを書きながら思い出しました。

小学校の頃は少年誌のギャグマンガが中心でした。
特に、鴨川つばめ著「マカロニほうれん荘」が衝撃的で
macaronidenshi1.jpg
BABUL.gif
夢中でしたね。

中学になるとクラスメートの女子からのオススメで弓月光著「エリート狂想曲

o0440033012408303099.jpg
このあたりからは、少年誌から少女誌に移って、
「マーガレット」「花とゆめ」LaLa」「ブーケ」

友人関係があったのか?は、今となっては定かでは無いのですが、何人かの人とは話ぐらいはしていたように思います。
ただ、前に書いた同窓会でのエピソードを鑑みて、こちらの記憶以上に周囲に対する接触があったようです。

全く思い出せませんが(笑)

魔矢峰央センセイの「パタリロ」に出会って、
Bzbbjn7CMAAVOSh.jpgfc4858e7f6659f984bc9e7f0aeb778a0.png


白泉社系に移って、川原由美子センセイや成田美奈子センセイ、と~~~
佐々木倫子センセイの「動物のお医者さん」あたり
doubutu.jpg

亜月 裕(あづき ゆう)センセイ、くらもち ふさこセンセイ、多田かおるセンセイ、いくえみ綾センセイ、紡木たくセンセイ、
松苗あけみセンセイなどの作品も網羅していました。

記憶の曖昧な小中学校時代より、授業のノートは落書きというかイラストの練習としての”絵”が徐々に増加していき、高校時代にはもはやマンガの下書き(コマ割りも含む)状態で、試験前に必死で詰め込む勉強法でなんとかクリアしているダメ学生でしたね。
neo_00.gif
00001ilust.jpg
↑はサルベージュ出来た当時のイラスト

大学卒業してしばらくは、読み手側になるも、今では、その膨大なコレクションも古本屋に売り払い、全く残っておりません。

いえね、冷静に考えてみたときに部屋に寝るスペース以外はほぼマンガという時期もありました。
しかし、一度読んだモノを何度も読み返すと言う事は、事実上としてもほとんど無く、蔵書のほとんどが”積ん読”状態。
(積み上げて保管しているが、読んだ事になるという究極の読破方法!)

ただ、マンガが嫌いになったとかでは無く、本当にシンプルな理由からなんですね。

決定的だったのが、押し入れの床が抜けそうになったり、一部の本が劣化やカビてきた、自分の中の満足度がほぼ満タンになってきた。
あと、花粉症が発症したので、部屋の掃除が出来るようにシンプルにしなければならなかった。
とかの理由で、本当にきれいさっぱり無くなってます。

あと、マンガに直接関連するエピソードじゃないかも知れませんが、
以前、違う所でブログというか、webサイトを展開していたときに、
知り合った人で、プロ絵師さんがいたのです。
aririn000.jpg
その人のオリジナルの絵で仕事をしていたのでは無く、依頼された内容に添った絵を描くというモノで逢ったようです。
イラストレーターと呼んでもイイのかな?

「たのしい幼稚園」とか「小学○○生」なんかの雑誌で、小さい頃に手に取っていたり、必死になって皆さんも読んでいたと思います。
そこに掲載される「ポケモン」のイラストを描いていたそうです。

ですが、元々の絵のスタイルが違うので似せるのに苦労したとか、映画の季節になると宣伝としての記事が多くなって通常ページ以上に負荷がかかったり、締め切りギリギリで内容が変更になってイラストも描き直しとかなると、ホテルに幽閉されて徹夜作業も常態化していたそうです。

そのため体調を崩し、田舎へ帰ってきてしまったそうです。
今では、一般の企業に勤めており、コミケに同人誌を出すぐらいだそうです。

当時は、新年会などで「魔矢峰央センセイ」とかそうそうたる漫画家さんにお会いする事があったそうで、色々と実像とイメージのギャップを聞かせて頂きました。
ココでは、詳しくは話せませんが、いずれにせよ”ホテルに缶詰”にされるとか、、、、そんな昭和な対応する出版社がいまだにあるんだねぇ~って、違う意味での関心をしましたネ。

直接会って話を聞いたので、間違いないです。

今は、どうなっているのでしょうね?
こにゃにゃちわぁ~
ケロちゃん
(↑このフレーズ、「カードキャプターさくら」のケロちゃんが元ネタです。アニメ初回放送時から、初期のブログで使用させてもらって、現在に至る)

ウチとこの家の庭にある”梅の花”も満開で、あと2,3日で散ってしまいそうな感じです。

本格的な春の到来が待ち遠しい、そんな花粉症大爆発な今日この頃。。。

本日は、母親の”姉”であるおばさまと車を見に出かけました。
その前に近くの洋食屋さんで食事。

お肉とか、ハンバーグがリーズナブルでそこそこ美味しい。
お客さんも一杯で、案内された席も端のほうで、他の人に背を向ける様に座ったので、気軽に上着を脱ぐ事が出来て助かりました。

ウチは、基本的に外食はしないので、どこかに出かけても家に帰るまでは、何もたべないで用事を済ませるのです。
その用事が”食事”であれば、それ自体が目的なので、何かたべて帰るってことで、まあ”外食”をするって事になるのです。
それでも、一人で食事のために出かけるって事は、母親の家での介護とか、色々とあって出歩くって事が無くなって数年がたちます。
それが、母親が施設に入った事で、反対に連れ出すために結構な頻度で母親とか、おばさまとかと一緒に食事に出かけるという、逆転現象

その後に、スズキとダイハツのお店に行って、実車を見てパンフレットをもらう。

おばさまは、長年デカイ車に乗っているのですが、年齢により車幅の感覚があやふやになってきているのと、最近の安全装備が着いていない。
今後、他車や歩行者などに危害を加える危険性が高まっている。
そんな状況で、旧車を運転させるのは周囲へのご迷惑度と本人の生活の質の維持を総合的に勘案し、ハイトワゴンタイプの軽四への買い換えを提案していたのでした。

今回は、どの様なモノが自分に合っているかを確認してもらうのが目的。
タダ、両社も装備や条件が完全に一致しないので、単純な比較は出来ず最終的にどの様な事を重視するかで決定する事になりそうです。

こにゃにゃちわぁ~

花粉症なのに、ホワイトデーとしてのお返しを買うために市内まで出かけて、案の定悪化させて帰ってきました
。゚(゚´Д`゚)゚。

天下の”天満屋”デパ地下で迷う事、1時間・・・・一体何周回った事か!
トラック競技なら4周でバテてると思う。

帽子とめがねと分厚いコートで武装した、周囲より頭一つ抜け出た”オッサン”が
美味しそうだけど、日持ちするかなぁ~とか、
見た目はイイけど、パッケージがなぁ~とか、
パッケージはカワイイけどなぁ~とか、
運送中に中身がヒッチャカメッチャカにならないかぁ~とか、
お子様でもたべ切れそうかなぁ~とか、

色々と、思案しながらショウケースを眺める。
そんな無言のプレッシャーを与える事、小一時間・・・。

なんとか決める事が出来、本日無事に発送してきました。

しかしデスね、デパ地下。相変わらず女の人の占有率が高い!
男の人は、ウチと店員、彼女に連れられてきた数名って状況。。。
ミッチーのコンサート状態!(笑

しかもスゴイ熱気で、胸の谷間に汗が流れるとは思ってもいませんでした。
ブラもグッショリですヨ。



そんな梅も満開な今日この頃、
先日のラヂオの”動画”が公開されました。

わかってるんです!
送ったメールが読まれてるって。

でも、なんだか再生ボタンが押せません!
先週聞いたのは、間違いじゃないのだろうか?とか
まさか、連続で読まれるわけが無いよね?とか
色々と頭の中を駆け巡るわけですヨ!

ツイッターでも、よほど便りが少なかったのか?
必死に募集していたので、なんとかひねり出したネタで、ソレが読まれる前提で内容を書いておりませんでした。

ぜったい「裏でつながってるだろ~」とか勘ぐる人もいるかも知れませんが、まったくそんな事はありませんからネ!
よほど、ネタに困っていたと信じたい。。。

だって、前半は別の話題でしたから、今週はもう読まれないだろ~と安心していたのに!!!
初っぱなからいきなりですヨ?

この、何とも説明できない”モヤモヤ”するような
締め付けられるでも無く、
胸の中心部分に何かが集まってくるような感覚。

「そうか!これがニュータイプの覚醒か!」とか言ってみたりするも、さして進化も感じられない。

そんなアンニューイな週末を過ごすも、春かすみの様にまとわりつく
重苦しい感じはいつまで続くのだろう~。

冒頭の買い物帰りに見つけた放送スタジオ、
「もう、これ以上苦しめないで」って遠く(外)から念じておきました。

最後に、「宇宙服買ったら、写真を送って下さいネ!」って!
女王様、わかりました!
ご命令とあらば、善処いたします。m(__)m

これは、ご褒美なのか?
(と、変な解釈をしてみる)
こにゃにゃちわぁ~

「姉さん!事件です」
ドラマ、「ホテル」で高嶋政伸が慌てふためくシーンを脳内再生しながら、
かさすidx_pagetitle02
「火サス」のCM前のサウンドロゴが頭の中で、リフレイン中。

えーーーー、
今、入った情報によりますと
2017年3月4日の岡山シティエフエム FM790『RadioMOMO(レディオモモ)』の番組、「サブカルなんて言わせないっ!」にて、またもや”菊川さん”のお便りが読まれた模様です。
お聞き逃したみなさんは次週公開されるweb動画でご確認下さい。
今回のテーマは『卒業』、またしても調子ぶっこいてメールを送ったようです。
unnamed-420x230.jpg

本人のインタビューが撮れましたのでお聞き下さい。
なお、本人の希望で映像・音声を加工しております。( ̄^ ̄)ゞ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
ええ、本当にビックリしました。
今回の放送はリアルタイムで視聴しましたよ。
ラジオじゃ無く、webのオンデマンド放送、コレが一番安定して聞けるからですけど。
前半は違う話題でしたので、安心して聞いていたのですが、後半1発目に、、、、なんと!またしても!!

『ラジオネーム:菊川鈴音さん・・・』とかって、聞こえてくるじゃあありませんか!

耳を疑うって、こおいうことなんでしょうか?
「えぇ~~~~~~~~!」って、
「何でぇ~~~~~~~!」って、
「ウチ、何か悪い事した~?」って、
「ブラジルのみなさん、聞こえますかぁ~?」って、
(↑コレは違う!)

パーソナリティーお二人に「なるほど」とか、くすっって笑えるモノで、読み流していただけたら、ソレで良かったんですヨ。
たいした中身じゃ無いんですけどねぇ~。
よっぽど、お便りが無かったんでしょうか?

言っときますけど、
賄賂とか袖の下とか無いですから。
夜道で、後ろから「採用しろ!」なんて事も全くありません。
局の回し者で、メール職人でも無いですから~~!

読まれた瞬間は「ズコーーーー_(:□ 」∠)_ーーーー」って、ズッコケたんですから。
今は、なんだか胸のこの辺がモヤモヤするんですよね。
オッパイが大きくなってきてるんじゃないと思いますヨ。
(完全否定が出来ませんが・・・)

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

次週、動画がアップされるので、確認してみて下さい。

なお、次回のテーマは『マンガ』です。
マンガに対する熱い思いをメールしてみてはいかがでしょうか?
momo@fm790.co.jp

”菊川さん” 相当、心揺さぶられてますね。

以上、臨時ニュースでした。。。。。

卒業

こにゃにゃちわぁ~

学校関連ではそろそろ卒業式の準備とか、次の入学の準備とか、就職の準備とか、
何かと節目の時期ですよね。
卒業1024
中には
「単位、ギリギリでやべぇ~」とか
「最後に、あいつを絞めておこう」とか

はたまた、
第二ボタン争奪戦が勃発したり、しなかったり
それさえも、すでに昭和の風物詩となってしまったのかも知れません。
ボタン8087977
梅の花がそろそろほころんできた、新たな切り替えを予感させる
そんな3月。桜はまだ早い。

ウチは、学生の頃(小・中学生)の頃の記憶がほとんど無く、寒い体育館に長時間パイプイスに座らされ、足先は感覚が無くなるわ、お尻は痛くて仕方が無いっていう思いしか無いです。
卒業証書も代表が受け取り、教室で配ってくれる方が時間短縮になってイイのに!って思う方で、全くもって感慨にふけるようなコトも無かったように思います。

どちらかと言えば、中学の始業式に寝坊して(親に起こされたような気がするが、2度寝して・・・)「はっ!」と気付けば始業式が始まる少し前・・・。
まだ上履きは箱に入ったまま(笑)、服はビニールに覆われており、初めて袖を通す(!)。
自転車の荷台に適当に荷物をくくりつけて、かっ飛ばして行くも、どこに駐輪場があるかわからなかったので、適当にフェンスに立てかけて・・・
式が終わって(笑)出てくる人混みに紛れて、合流したという事は覚えてます!

我ながら、ヒドイ!

高校や大学も、式が終われば「じゃ!」ってな感じで、速攻で帰りました。
特に友達関係は、沖ノ鳥島ぐらいひとりぼっちでしたから、、、。

集団行動がイヤでイヤで、窒息しそうでした。




そんな、学生生活にイイ思い出も無く、卒業に関して熱く語れないのですが、

切実に「卒業」したいのが、
「花粉症」
花粉症

先日のブログにも書きましたが、クスリでなんとか体裁を保っておりますが、
粘膜系に働きかける都合上、肌の乾燥が促進されます。

クスリを止めればイイのでしょうけど、体がクスリを欲しがるのです(ウソ)。
この時期だけ、薬に依存しなければ生きていけません!
アレグラなどの「抗ヒスタミン薬」はまだイイのですが、「ステロイド系」のセレスタミンはかなりキマス!
アレグラ
セレスタミン

乾燥が進んで 昨日、とうとう足のかかとが”パックリ”と割れて、イタイのなんのって
たまりません。(T-T)
家では、ワセリンを塗り込み、会社ではリップクリームを塗り込んで
なんとか耐えしのぐ日々。。。

顔とか、粉を吹きそうになるので、化粧水で保湿とか、
ひどくなると”パック”して「あぁ~、生き返るわぁ~」とか、
ドコのミイラやねん!ってぐらい乾燥しまくりです。
保湿
(↑ガチで使用中\(//∇//)\)

こうなってくると、体が帯電してきて
ドアノブなんか触ろうモノなら、「君の瞳は10000ボルト」並みの電気ショックが飛びます。
坂上二郎さんでもそこまでは飛ばないだろう~ってツッコみたくなるぐらい、
放電グッズが光りまくりです!(^_^;)

洗濯物とか、布団とか外で干したいときもありますが、そんな事も出来ません。
布団はとにかく、危険です!
夜中に窒息するカモ知れません、孤独死確定です。
鼻が詰まるのに、鼻水がドクドク出てきて、逆流・・・溺れそうになって(!)目が覚める事も何度もありました。
寝てて、水難事故ですよ!
今は、外に干しませんし、掃除機かけまくりです。

洗濯物は、、、アレですよ。
ウチの華麗なるブラコレを世間様に披露する事になりますので、ず~と部屋干しです。
これも、危険です!

花粉の飛散量も、よく「平年並みです」みたいなコトいいますけど、毎年若い杉の木が花粉を放出出来るようになり参戦してきており、前年比で少しずつ増加しております。
ですから、この「平年」が少しずつ底上げされているという事実。。。
一節によりますと、平年の値が10年前の3倍になっているらしいです。

10年前に比べると、猛烈に多いと言えるでしょう!

改良型「花粉を出さない杉」が少しずつ植えられておりますが、ソレに完全に入れ替わるまでは
いったいいつになるのでしょうね?

八雲師匠
「あたしゃ、もうこの世には居ないかもしれませんよ~」

こんな状態が5月の連休ぐらいまで続きます。
はぁ~、思考力も低下してきて滅入ります。

引きこもり強化月間ですわ。。まったく、、、、(;。;)
300px-ネット戦士(柴)





もう一つ、
これは、一度でイイから『独身貴族』を卒業してみたい!

独身貧乏やろぉ~? とかいうツッコミもあるでしょうけど、全くもって否定しきれない現実が目の前に横たわっております。
ええ、陸に打ち上げられ、横たわってるイルカ並みに瀕死の重傷でございます。

日本の少子化問題が待ったなしなのに、全く戦力外で、日の丸の旗をフルのが精一杯で、
「みんなの分もガンバレ~」って、

救急搬送先のベッド横では、看護師が「先生!バイタル低下!出血もひどいです!!」
「ピィーーーーーーー」
医「強心剤用意!カウンターショック200から行くぞ!」
ガクン!(アベシ!)

なんて、光景が目に浮かぶようです。

ですがね、言い訳がましく言っちゃいますが、
幼少の頃は、「不純異性交友はダメ」とか、「お嬢さんに手を出しちゃダメ」とか、なんとか
厳しくお達しがあったものです。
「特務一級命令」ですね

まあ、結局は、アニメとかマンガに夢中で、「女子」は全くのアウトオブ眼中で、ビデオテープやマンガ本で押し入れの床が抜けそうになったほどで、就職して資金確保出来たら益々加速していった。
女子が、「恋愛、れんあい!」とか必死になってるのを見るに、「女子って恋愛オタクなんだねぇ~」って、のんきに思っておりましたね。
(今は、断捨離しちゃいましたけどネ)

更に「サバイバルゲーム」通称、「サバゲー」にハマリ機械工学の知識をつぎ込み、凶悪兵器と化したエアガン。
ピクニックがてらに野山を駆けまわる日々でございました。

そんな事をしていましたら、何やら赤紙が来まして
いわゆる「釣書」ってヤツですね、写真もあります。
「もう、エエ年なんだから、お見合いとか、結婚とか考えんとイケンよ!」
などと、180°の方向転換。手のひら返し。
E4B89EE5A4AAE9838E20E38284E3828CE38284E3828C.jpg

いきなりの最前線、「ラバウル小唄」(←知りませんけどね)を歌う余裕もなく特攻機という名の”V6-マニュアル車”
1着しか無い入社式用に買って着た以来のスーツにネクタイという装備も心もとなく見えます。
事前情報が少なすぎ、どうやら敵さんは無音潜行中の新鋭艦、ピンガー打ちまくるも、機影の補足に失敗。

「ブラジルのみなさん、聞こえますかぁ~」って言っても反応が無いのと同じで、もしかして言語体系が違うからじゃないかと疑ってみる。

後日、「お断り」という狙撃手からの一撃を食らい、あえなく殉職。_(:□ 」∠)_
「イイヒトなんだけど。。。。」
(その。。。。を詳しく教えろ~)
「いい人過ぎる」
(過ぎるってなんだ?悪い人がイイってことなの?)

武田鉄矢と浅野温子が「101回目もプロポーズ」なんかしている間に、こちらの記録は更新され続ける訳ですよ。
もはや、世界記録かギネスでも狙おうか!ってくらいの全戦全敗。
ドラマなんか目じゃないよ!コッチはリアルだよ(←威張れません)
ヴァーチャルじゃありませんから、、、

自己紹介ばかりしていると、疲れます。ましてや毎回違う人で、前回の反省点をリカバリーすることも出来ず、新たな関門が出現するのにヒットポイントもマジックポイントも削られていくわけ。
経験値は溜まらず、流出する一方。
レベルアップはいつなんですかぁ~っって聞きたい。

上官(お見合いおばさん)からは「無条件降伏」の宣言と共に、戦地を離れる。
「帰還命令が下った、本艦はコレより帰路につく」


オレの嫁

「オレの嫁召喚!」ボタンがどこかに無いかと探しても、現実はドコにも無いわけですよ。
ガチャも回らない。
どうやったら、フラグが立つのでしょうね?

そりゃあね、コッチにも問題が無いわけじゃないよ。
食べ物の好き嫌いと同じくらい、ヒトの好き嫌いがハッキリしていて、しかもスキになる人が非常に狭いんデス。
ピンポイントなんですネ。

そんな頑固者を”救える”網は存在しないのかも知れない。
(上手い事、言おうと思ったが思いつかない)

 | ホーム |